マネー

海外キャッシングはJCBカードを選ぶべき理由【JCB CARD Wがベスト】

海外旅行中に必ず必要になる「現地のお金」。クレジットカードの海外キャッシングを利用する人も増えてはいますが、やっぱり手数料が気になりますよね。

今回は、こういった悩みに答えていきます。

この記事の内容は以下の通りです。

  • 海外キャッシングはJCBカードを選ぶべき3つの理由
  • JCBカードの中でのおすすめは「JCB CARD W」
  • 「セディナカード」と「JCB CARD W」ならどっちを選ぶべき?
  • JCBカードを使って海外ATMでキャッシングする方法

ちなみに僕は海外旅行にはほぼ毎年行っており、現地通貨の調達は今回紹介する「JCBカード」で行なっています。

他のカードと比べてみると分かりますが、海外キャッシングにかかる手数料がマジで安いです。

「お得に海外旅行を楽しみたい!」という人は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

※本記事で紹介する「JCBカード」とは「JCBオリジナルシリーズ」のことです。

例えば「JCBマークの入っている楽天カード」などは「JCBオリジナルシリーズ」ではないのでご注意ください。

JCBカードの詳細はこちらからどうぞ。

JCB CARD W
※年会費永久無料、常にポイント2倍以上の高還元率カードです。

海外キャッシングはJCBカードを選ぶべき3つの理由

海外キャッシングをするなら、JCBカードが圧倒的におすすめである理由は次の3つです。

  • 海外ATM引き出し手数料が無料
  • キャッシングの繰り上げ返済ができる
  • 世界中のあらゆる地域で現地通貨を引き出せる

海外ATM引き出し手数料が無料

JCBカードであれば、海外ATMで現地通貨を引き出す際の手数料が無料です。

海外ATMでクレジットカードを利用する場合、一般的にはカード発行会社が徴収する手数料が発生します。金額は以下の通り。

  • 引き出し金額が1万円以下 → 100円(税別)
  • 引き出し金額が1万円超 → 200円(税別)

JCBカードはこの手数料が無料なので、必要な時に気軽に現地通貨を引き出すことができます。

キャッシングの繰り上げ返済ができる

JCBカードは海外キャッシングの繰り上げ返済が可能です。

どのクレジットカードでも、海外キャッシングを利用すれば当然利息が発生するので、返済日が1日でも早いほど無駄な利息を支払わなくて済みます。

JCBカードはキャッシングの繰り上げ返済ができるので、他のカードに比べて利息分を安く済ませられる、ということになります。

繰り上げ返済したい時は、JCBカードのカスタマーセンターに電話すればOKです。

世界中のあらゆる地域で現地通貨を引き出せる

JCBカードは世界的な銀行のオンラインシステム「Cirrus(シーラス)」と提携しており、世界中のあらゆる地域で現地通貨の引き出しが可能です。

「JCBブランドは海外で使えるお店が少ない」と言われていますが、海外キャッシングについてはその心配は無用です。

どんなに手数料が安いとしても、そもそも海外ATMで引き出すことできなければ意味がないので、「世界中どこでも引き出せる」というのは重要なポイントですね。

JCBカードの中でのおすすめは「JCB CARD W」

JCBオリジナルシリーズ
「JCBオリジナルシリーズ」には色々な種類がありますが、その中でも「JCB CARD W」が一番オススメ。

※「JCB CARD W」は39歳以下でないと作れないカードです。なお、39歳までに申し込めば40歳以降も問題なく更新可能です。

「JCB CARD W」がおすすめである理由は、次の2点です。

  • 年会費が永久無料
  • ポイント還元率が常に2倍以上

とくにポイント還元率はあらゆるクレジットカードの中でもトップクラスで、例えばAmazon利用時の還元率は2%まで上がります。

クレジットカードの還元率は「1%を越えれば高還元率」と言われているので、海外キャッシングを抜きに考えてもめちゃめちゃハイスペックなクレジットカードです。

僕もAmazonでよく買い物するので、普段からこのカードにはお世話になっています。

なので、「JCBオリジナルシリーズの中でどれを選べばいいか分からない…」という人は「JCB カード W」を選んでおけばまず間違いないですよ。

「JCB CARD W」の詳細は以下のリンクから確認できます。

JCB CARD W
※申し込み時点で39歳以下であれば、40歳以降も年会費無料で持ち続けられます。

40歳以上の人は「JCB一般カード」を選ぼう

「JCB CARD W」唯一のデメリットは「39歳以下じゃないと申し込めない」という点。

なので、現在40歳以上の人は「JCB CARD W」の新規発行はできないので、その場合は「JCB一般カード」を選びましょう。

こちらは年会費1,250円(税別)が必要になりますが、海外キャッシングに関する内容は全く一緒なので、持っていればお得に海外旅行を楽しめるカードです。

「JCB一般カード」の詳細は以下のリンクから確認可能です。

JCB一般カード

「セディナカード」と「JCB CARD W」ならどっちを選ぶべき?

数あるクレジットカードの中でも、実は「海外ATM引き出し手数料が無料」「キャッシングの繰り上げ返済ができる」というカードには「セディナカード」も該当します。

「じゃあJCB CARD Wとセディナカードはどっちがいいの?」という点ですが、次の理由から「JCB CARD W」の方がおすすめです。

  • 海外旅行保険が付帯される
  • 「JCBプラザ」「JCBプラザラウンジ」が利用可能

海外旅行保険が付帯される

セディナカードは海外旅行保険が付きませんが、JCB CARD W」には海外旅行保険が利用付帯で付いています。

保険の内容としても、「治療費用100万円」「携行品損害20万円」など年会費無料のカードとしては十分な補償です。

海外旅行中の医療費は高額になるケースが多いため、「海外旅行保険が付くかどうか」は大切なポイントです。

「JCBプラザ」「JCBプラザラウンジ」が利用可能

JCBカードを持っていると、世界52の都市で「JCBプラザ」、世界9都市で「JCBプラザラウンジ」が利用できるようになります。

  • JCBプラザ
    → 世界52の都市にある。現地のレストランやエステ、各種ツアーなどの予約を日本語でサポートしてくれる。
  • JCBプラザラウンジ
    → ハワイ、台湾、シンガポールなど世界9都市にある。ドリンクサービスや荷物の一時預かりサービスなどを無料で受けることができる。

JCBカードを持っているだけでこれらのサービスを利用できるので、これもかなり嬉しい特典ですよね。

JCBカードを使って海外ATMでキャッシングする方法

JCBカードを使った海外キャッシングの方法も確認しておきましょう。

海外キャッシングは、空港やメインストリートなどに設置されている「シーラス」または「JCBマーク」のあるATMでキャッシングが可能です(以下の画像のマーク)。

出典:JCBカード公式HP

そして、ATMでの操作方法は以下の通り。

  1. ATMにJCBカードを差し込む
  2. 暗証番号を入力
  3. ATMに表示される「キャッシングサービス」を選択
  4. キャッシングの方法は「クレジットカード」を選択
  5. キャッシングしたい金額を入力

これだけでOK。その国の現地通貨が瞬時に手に入ります。

JCBカードが使えるATMは世界中の様々な地域にあり、平日・休日問わず24時間利用可能です。かなり使い勝手はいいですね!

まとめ:海外キャッシングはJCBカードでお得に済まそう

海外旅行中は「カード払い」が主流ですが、実際にはクレジットカードが使えない場所も結構多く、「今すぐ現地通貨が必要!」というケースは割とあります。

そんな時に、手数料無料でATMから簡単に現地通貨を引き出せるJCBカードはめちゃめちゃ頼りになる存在です。

JCBカードはインターネット支払いに対応した銀行口座を持っていれば、面倒な書類の郵送も不要、最短3日で発行できますよ。お申し込みはこちらからどうぞ。

JCB CARD W
※年会費永久無料、常にポイント2倍以上の高還元率カードです。

JCBオリジナルシリーズ

※キャッシング枠を「0円」にして申し込んだ場合は、海外キャッシングも利用できなくなってしまうので注意してください。